« 10・3 ひらめき〜一人では成されぬ〜 | トップページ | 10・5ひらめき〜頼り切ったともしびではならない〜 »

2014年10月 4日 (土)

10・4 ひらめき〜水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ〜

水の星《地球》からの願いのしずくが波紋となって

  全ての日本人そして世界へと拡がり ゆきます様に

朝、祝詞歌を唄った直後の閃きでした

“全ての命達は あなた方 人間に期待しています

あなた方は 運ぶ命なのです

次の世へ たくさんの命を 運びゆく 命なのです

わかって欲しいのです”

切なる願いです・・・

私達が運ぶ命・・・未来に残せる整った循環 環境でしょうか・・・

“水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ”

大自然の水流は常に新たな水が流れている絶えず。

あたりまえな流れを見てきた私達は止まる瞬間を見るであろう (/_;)

次の世への更新 最善の形で間にあいますように(^人^)

***

一人孤独に祈り歩む道。人生

今の私には、耐えられるのかさえ分からない。

一度開きかけた扉

ガッチリ固定されていない扉を確かに開いてゆけるのか・・・

一人と言えばたった一人。だけど大きくなる為の一人。

言い聞かせて・・・言い聞かせて外側から勇気を奮う!

だけど・・・その一歩。邪魔なあいつが臆病なあいつが阻む 自分自身。

癒せるのは 自分自神。

“何も変わらず 進もうなんて 虫のよい話さ!うろたえるな!”

 先は今より怖くない。怖いのは、断然今だよね(゜-゜)ゴクリ

たまに出るワタシまだ居る^^

怖れは勇気がないだけ・・・出ない勇気は守るものがあるから・・・そう思い込んでいるから

だから振り切れない(/_;)グスン 

茶壺に終われてどっぴんしゃんぬけたーらどんどこしょ♪

意味はわからないけど^^:

深呼吸ばかりの一日だった。

まるで森。循環出来ない森のよう。苦しい日だった(/_;)はぁ

一人でいっぱい吸っちゃった^^:隙間を埋めたい時ってあるよね。

陰陽一度に声を上げた気がする・・・(゜o゜)

こんな中での選択は、かすんで見える・・・高度だわっ!

自分自神信じて行こう!

いつもは選ばない道☆

心守る為に集った。

そして一人で無いと知った。

心地良すぎる場所は成長に、ならないと言う。

破れと・・・

離れてこそ己である吾である個であると・・・(/_;)スン

そうなんだよね。。。

でも経験は必要だよね

依存になっては、いけないけれど・・・ぐるぐる

さうさうさん無事解放良かった。

命と自由の在り方、他色々・・・(*^_^*)

模擬体験出来ました★ありがとうございました。。。

これからだけど 腫瘍に働きかける表裏・・・(・・?

早く過ぎる時・・・何を意味する?

目を見開いて心を見ようか☆

読んでくれてありがとう(*^_^*)

« 10・3 ひらめき〜一人では成されぬ〜 | トップページ | 10・5ひらめき〜頼り切ったともしびではならない〜 »

コメント

今日は、おじゃまします。

 神様達の言葉は あいまいなので 出来れば根掘り葉掘り聞いたら良いのですが。
 訊いて怒る神様はいないと思いますよ。
理解できないと思って 適当なことを言う神様はいますが…。


“水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ”
人のみが 水に逆らい留まり流れを変えようとしている。 だそうです。


さうさうさんも読んでいますが あの方は 日常業務以外の神事を全て休んだらいいのにと思います。 今のままでは犬死ではないかと感じます。もっと生きていて欲しい人だと思います。

ともし火さん、さうさうです。どうもありがとうございます。
ですが、逆も又あり、です。

ともし火様

ありがとうございます☆

そうですね・・・曖昧・・・かもしれません。^^:

もっと自由自在であれば何かお役に立てるとも思いますが・・・

努力ですね~

神様のお役に立てる器には、まだまだの様です^^:

お返事ありがとうございます。

ともし火は 小さくとも遠い火ではありません。
真っ暗な中 見える位置にある明かりです。

灯台のような強さや威圧感はありません。
けれど行けそうな位置にある明かりです。

もしかしたら 闇間に 断崖絶壁があるのかも知れませんが…。
隔てる物に気づくことが出来たら 幸いかもしれません。


ともし火様

昨日は本当にその様な日でした。

神様がご用意くださった御縁が助けてもくれています。

一人ではとても難しい作業ですね。大切なものはすぐそこに!

思ってはいても探し物は都合よく蓋をしているので見えません(/_;)

無力さを見せつけられたことでまた0に戻る勇気が湧きます。

いつでも共にある神様は必死に立て直しを見守って下さいますね。

バラバラにしての一からの組み立ては、また骨組みも頑丈になってきっと今度こそ!

いなば物置の様であるはずです^m^

すみませんm(__)m お付き合いありがとうございます☆

こんな私ですが見守りお願い致します

いつか近くにともし火が感じられる日が来ると信じて♪(^人^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2013664/57568165

この記事へのトラックバック一覧です: 10・4 ひらめき〜水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ〜:

« 10・3 ひらめき〜一人では成されぬ〜 | トップページ | 10・5ひらめき〜頼り切ったともしびではならない〜 »