« 10・4 ひらめき〜水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ〜 | トップページ | 10・6ひらめき~気付く瞬間を神々は待っているのだ~ »

2014年10月 5日 (日)

10・5ひらめき〜頼り切ったともしびではならない〜

水の星《地球》からの願いのしずくが波紋となって

  全ての日本人そして世界へと拡がり ゆきます様に

《昨夜記》

今、ウトウトZzzzする中で【三つのお日様】が浮かぶ・・・

晶←これはその顕れ?

“最後の一つ・・・”

“三日月って 三つの日と月・・・って知ってる?”そうなの?

閃き

“足してゆけ・・・”

その時考えていたことは、 足りない方へ自らを削って(引いて)補う・・・

でも閃きからは、削って補うのではなく、0から生めということ。

ひたすらに足す・・・生んで与えるか。

何となく増える速度は早まりそう それなら一定の場所まで近づけそう。

(・・? 何の会話か?理解出来るかなぁ?止めておこう^^:

***

ここに生きることって凄く凄く素晴らしいことって思う日がくるって伝わる

全ての魂が神様が全ての命を思うように愛おしいと思える・・・そんな日が。

***

祈り・・・意乗り・・・今年に入ってたくさんたくさん模索してきた祈りの形。

皆で同じ時刻に同様の祈りをする一見簡単そうだけど難しかった

自己満足かな?とか、軽いものに感じられたり・・・

だから、そんな自らを清めないと、心底綺麗にしないと、という自身を見つめ

る目が動きました

必然的にすごく大切な出逢いと教えがあり理解出来て来た感じがします★

人として循環の担い手を意識することもごく当たり前のこと。

納得のいく自分自身と会えた時きっとその祈りは発心出来るのかな・・・と

思います。そろそろお役に立てるかな・・・

全ては感謝の気持ちから先立つ心 (*^_^*)

蔑にしていたことが次々浮上しました。まずは、身の回りのことからです

ね!そして徐々に拡げて・・・拡げて(*^_^*) 大きな大きな枠(惑)星のお掃

除出来たらいいですね!今はまだ枠星か・・・いつか惑星に変わるのね☆

***

意・・・立つ  日  心 ^^ 日本語って本当に感動する☆

こうして教わってたら も少し点数良かったハズだわぁ♪

は、神様だね☆

意識改革ということは、神様の心を顕す方向への転換^^

一人ひとりが神様の顕れ。表現者。

心地良いに決まってる♪ 嫌いな自分はもうどこにもいないのだからね~。

《今朝記》

“頼り切ったともしびでは ならない

自ら 風を遮り 強き芯を信じ歩み進めなさい”(T_T)

今朝は心を伝える存在が語り止まなかった・・・夢のようでもある。

イメージが強く残る

メモしきれず自分に宿った想いのみで書いてみる

荒魂・・・勇  和魂・・・親  幸魂・・・愛  奇魂・・・智

四魂が人の心の調和をとっている。

四魂のバランスが取れた状態は完成された穏やかな神*人だと。

社会の中、国々、宇宙すべて至る所にこの役割があるという。

この四魂が入った3つの太陽の真ん中の太陽が更に3つに分かれながら更

に更にと細胞分裂の様に分けられ真ん中が凝縮していくイメージ。

神様はあくまでも真ん中に集中している。ふるいなのか・・・

極めて極められていく魂。

その傍で泣いているたくさんの人?魂か。

死んでから泣いてどうする!の厳しい声・・・。

何だか工場の様に忙しい夢(イメージ)でした・・・

《帰宅後》

今朝アップが上手く行かず消えること2度・・・保存していたので途中までは

大丈夫でしたが・・・まったく思い出せず(/_;)相当呆れたわっ!意味があるのでしょうが!

出勤途中から最近よく来る可愛い女の子が共に在る・・・

ケタケタ笑う^^ もう笑いが込み上げて来てどうにもならない・・・変人だった

伝えて来ることも こころ辺りがあること。確認しなくては・・・

止まらない訪問をどうにかして欲しくて色々してみた・・・結果何が効いたの

か・仕事中消えてくれた^^:

忙しい日でした。見えない世界たくさんの人に感じて欲しいなぁ・・・

みんなが大切なことに気付くはず!死んでも続くよ~やり残した宿題も別の

ところに提出しなきゃ!だったら今の内、楽しくやっておきたいですね!

神様否定の我母、地球が怒ってるのよ!皆が勝手するからと・・・

お客さんにお話 ^m^くすぐったかったっ!

読んでくれてありがとう(*^_^*)

« 10・4 ひらめき〜水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ〜 | トップページ | 10・6ひらめき~気付く瞬間を神々は待っているのだ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2013664/57580692

この記事へのトラックバック一覧です: 10・5ひらめき〜頼り切ったともしびではならない〜:

« 10・4 ひらめき〜水の流れ絶えず 絶えず 留まることなく 流れゆく 明日へ 明日へ〜 | トップページ | 10・6ひらめき~気付く瞬間を神々は待っているのだ~ »